エクソソーム治療

Treatment overview施術概要

エクソソームとは

様々な細胞が分泌する脂質二重膜に包まれた直径50~150nm程度の細胞外小胞顆粒で、miRNAやmRNAなどの核酸、タンパク質、脂質などが内包されています。血液をはじめ、尿、母乳、唾液、汗などの様々な体液中に存在し、体内を循環しています。エクソソームを介して、これらの内包物が細胞間で請け渡されることで、様々な生命現象に関わると同時に、癌をはじめとした多くの疾患の発症や進展の機序で重要な役割を担っています。

臍帯幹細胞由来培養上清

臍帯の間葉系幹細胞は、そのほかの骨髄由来、脂肪由来、あるいは乳歯歯髄由来の間葉系幹細胞に比較して、組織修復、免疫制御、組織治癒などにより 関与していると言われております。
また臍帯由来幹細胞から分泌される様々な産生物質の中には、サイトカインやエクソソームが含まれており、皮膚線維芽細胞に対し、コラーゲンやヒアルロン酸などの産生を促すことが確認されております。

臍帯に由来する間葉系幹細胞のエクソソーム中のマイクロRNAの比較表

期待できる効果

良好な結果が報告されている疾患モデル

・白血病
・脳性麻痺
・パーキンソン病
・骨粗しょう症
・糖尿病
・再生不良性貧血
・脊髄損傷
・慢性肝炎
・糖尿病性腎症
・脱毛症
・関節リウマチ
・骨欠損
・多発性硬化症
・肝硬変
・関節炎
・間質性肺炎
・アトピー性皮膚炎
・心疾患