プロペシア

Treatment overview施術概要

AGA男性型脱毛症の治療薬

プロペシアとは?

プロペシアは、AGA治療に最も有効な薬の一つとされている「フィナステリド」を主成分とし、抜け毛の原因である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の増殖を抑制する効果が期待できます。
根本的な原因を抑制することで抜け毛を防ぐことができ、薄毛の改善を促すことができる治療薬です。

プロペシアの効果

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは5α-還元酵素阻害薬と呼ばれており、その名の通り5α-還元酵素(2型)を阻害する働きがあります。
AGAと呼ばれる男性型脱毛症は男性にしか起こらない脱毛症で、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が原因で起こると考えられています。

男性ホルモンのテストステロンが5α-還元酵素によってジヒドロテストステロンに変換します。
DHT(ジヒドロテストステロン):DHTの働きは胎児期と思春期以降で異なります。胎児期には男性胎児の外性器の正常な分化という重要な役割を果たしますが、思春期以降には、男性型脱毛、前立腺肥大、ニキビなど好ましくない症状を引き起こします。

 

 

AGAの原因 ジヒドロテストロン=DHT

通常髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、数年かけて髪の毛が抜けたり生えたりを繰り返します。
しかし、ジヒドロテストステロンが毛髪の成長を防いでしまい、十分に成長する前に抜けてしまうことによって、ヘアサイクルの周期が通常よりも短くなってしまうのです。

そしてヘアサイクルが短くなったことによって、毛穴も完全に閉じ切ってしまい髪の毛が生えてこなくなり、徐々に薄毛になってしまうのです。そこでプロペシアを継続して服用することで、AGAの原因となっている5α-還元酵素を阻害することができるため、ジヒドロテストステロンが生成されなくなります。これにより、ヘアサイクルを元の周期に戻すことができ、脱毛を防げるようになるのです。

プロペシアの服用方法

 

服用する時間帯

プロペシアに服用が好ましい時間帯はありませんが、毎日同じ時間に服用するのが推奨されています。
フィナステリドの効果は24時間以内と限定されているので、24時間を大幅に過ぎてしまうと好ましい効果を得ることができないのです。
そのため毎日同じ時間に飲むようにしましょう。
毎日同じ時間に飲むことによって習慣づけることができるので、飲み忘れ防止にもなります。

推奨期間

プロペシアは早い人の場合3ヶ月ほどで効果が現れる場合もありますが、最低でも半年間以上は飲み続けたほうがいいと言われています。
服用を続ければ続けるほど改善できたと報告する人が多くなっています。
特に効果を実感できるのが半年~1年の間になりますので、途中であきらめず服用を続けましょう。
もちろん体に異常や副作用が気になる場合は、すぐに服用を中止して医師に相談して下さい。

こんな方におすすめ

最近、抜け毛が気になる/薄毛の家系である/AGAと言われた/カツラや植毛は避けたい

Price料金

  • プロペシア 1箱 28錠

    ¥7,200

価格は全て税込です。診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。

Pick up関連する施術