GLP-1治療

Treatment overview施術概要

GLP-1(ジーエルピーワン)治療とは

GLP-1とは、もともと人の体内に存在し腸から分泌されるホルモンで、主な働きはインスリン分泌を促すこと、血糖を下げることです。
GLP-1注射・内服薬は、血糖値を下げるインスリンというホルモンの分泌を促進したり、食欲を抑えてくれる働きがあります。

GLP-1の働き

GLP-1は、もともと私たちのからだにあるホルモンで、食事をとると小腸から分泌されます。血糖値が高いときに、すい臓からインスリンを出すよう働きかけます。

GLP-1ダイエット

リベルサス錠はGLP-1受容体作動薬という薬で、血糖値を下げるインスリンというホルモンの分泌を血糖値に応じて促進させ、胃腸の動きを緩徐に調整し、食欲を抑制するお薬です。

これらの効果から血糖値を下げるため糖尿病治療薬として用いられています。この胃腸の動きの調整により、食事前の空腹感を抑えたり満腹感が続くことから、GLP-1受容体作動薬はダイエットに効果があるとされています。

注射によるGLP-1ダイエット(サクセンダ、ビクトーザ、オゼンピックなど)が主流でしたが、2021年に発売されたばかりの世界で唯一のGLP-1経口薬であるリベルサス錠を用いたGLP-1が注目されています。

GLP-1薬剤の種類

当院では4種類のGLP-1治療を行っております。

・ビクトーザ注射

・サクセンダ注射

・オゼンピック注射

・リベルサス注射

 

リベルサス錠について

リベルサス®はGLP-1と似た作用を持ち、血糖値が高いときにすい臓からインスリンを出すよう働きかけ、血糖値を下げます。
リベルサス®の効果を発揮するためには、服用前後に胃の中を空っぽにしておくことが大切です。

 

 

リベルサス®は3種類

リベルサス®錠には、3mg、7mg、14mgの3つの規格があります。

 

 

よくある質問

Q.シートが破れていたり、錠剤が割れていた場合、そのまま服用してもよいですか?

リベルサス®は、湿気や光に弱いお薬です。シートが破れ、錠剤がむき出しのまま保管されている場合、湿気や光の影響でリベルサス®の本来の効果が発揮できない可能性があります。シートに正しく入っている新しい錠剤を服用してください。

Q.リベルサス®は毎日同じ時間に服用する必要がありますか?

服用する時間が多少変わっても構いません。胃の中が空っぽの状態で服用することが大切です。

Q.飲み忘れたり、服用前に飲食をしてしまった場合はどうすればよいですか?

その日は服用しないでください。次の日の空腹時(1日の最初の飲食の前)に服用してください。

Q.14mg1錠の代わりとして、7mg2錠を服用することはできますか?

できません。複数錠を1度に服用しないでください。リベルサス®の本来の効果が発揮できない可能性があります。

Price料金

  • GLP-1内服薬 リベルサス錠 3mg 30錠(30日分)

    ¥14,900

  • GLP-1内服薬 リベルサス錠 7mg 30錠(30日分)

    ¥24,900

  • GLP-1内服薬 リベルサス錠 14mg 30錠(30日分)

    ¥39,800

  • GLP-1注射 サクセンダ 1本

    ¥19,800

  • GLP-1注射 ビクトーザ 1本

    ¥19,800

注射薬については診察代、薬剤、針、アルコール綿全て含みます。価格は全て税込です。
診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。

Pick up関連する施術