GLP-1サクセンダ

Treatment overview施術概要

痩せホルモン注射でダイエット

GLP-1注射サクセンダとは?

サクセンダ(Saxenda®)は、ノボノルディスク社の肥満治療薬(体重管理治療薬)です。医薬品一般名をリラグルチドといい、グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)受容体作動薬という種類の薬剤です。サクセンダは、脳細胞のGLP-1受容体に作用し、満腹感を高めて空腹感を低下させることにより、食欲を抑制して体重を減少させます。肥満治療薬として米国食品医薬局(FDA)及びヨーロッパ医薬品許可当局(EMA)の承認を受けている安全性の高いGLP-1薬剤です。

らく痩せホルモンGLP-1って何?

GLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)は、もともと人間の小腸から分泌される消化管ホルモンの一つです。
血糖値を安定させるインスリンの分泌を促す目的で、2型糖尿病の治療薬として使用されてきました。GLP-1の働きが、空腹感の抑制や血糖値上昇抑制などの減量効果をもたらすことから、別名「痩せるホルモン」と言われています。

サクセンダはGLP-1を1日1回自己注射で投与することで減量が期待できる肥満治療薬です。自然に食欲を抑え、食べ物の消化・吸収のスピードを緩やかにし、血糖値を下げ、太りにくく痩せやすい体質を作り出します。つい食べすぎてしまう、食欲が抑えられずについ食べすぎてしまう方や、運動が苦手で続かないという方にもストレスが少なく、無理のない減量が期待できます。

GLP1はもともと身体にあるホルモンで食べるのに反応して分泌され、食欲のレギュレーターとして働きます。サクセンダは97%が体内GLP1と同一の成分で出来ています。サクゼンダは視床下部で働き、食欲と摂食行動を制御する特定の神経細胞に効果を及ぼします。また、満腹感を増幅し、食欲を抑えます。これらの作用機序で、サクセンダを使用した患者様は満腹感を感じ、食事量を減らすことが出来ます。最終的に体重減少に繋がります。

サクセンダの減量効果

 

・92%の患者で体重減少効果が認められています
・他のGLP1製剤に比べ体重減少効果が高い
・高血圧、高脂血症(心血管系のリスク因子)の改善傾向

ご使用方法

当院で自己注射指導を受けて頂き、その後はご自身で注射をして頂きます。
1日1回、大腿内側、上腕、腹部のいずれかに同じ時間に皮下注射します。食前・食後は関係はありません。
注射の方法に関しては当院スタッフが丁寧に指導いたします。

 

増量方法

1日0.6mgから開始して、1~2週間毎に0.6mgずつ増量し、最大3.0mgまで増やして維持します。
体重減少が著しい場合や副作用が強い場合には、最大量を1.2mg~2.4mgまでとします。
0.6mgで十分な方もいますので、その場合は0.6mgで経過をみることがございます。
増量に関しては医師と相談をして決めていきます。

・1週間:0.6mg
・2週間:1.2mg
・3週間:1.8mg
・4週間:2.4mg
・5週間:3.0mg

治療期間

GLP-1は元々糖尿病治療薬として厚生労働省より承認されている製剤ですので、基本的に長期使用しても問題はありません。治療経過によって判断していきます。

保存方法

未使用のサクセンダを保存する場合は、凍結を避け、冷蔵庫で保管して下さい。
使用開始後は室温(1~30℃)で保管し30日以内に使用してください。冷蔵管理して頂いても問題ありません。

注意事項

サクセンダの副作用

胃部不快、便秘、下痢、吐き気、めまいなど治療開始初期に症状が出現する事もありますが多くの場合は一過性で、治療を続けることにより数日または数週間で改善、消失します。症状の強い場合は薬剤使用量のコントロールを行うことがあります。

また、薬剤アレルギーや注射による内出血、発赤、浮腫などが個人差により生じることがあります。その他の副作用や注意事項などに関しては、診察時に詳しくご説明させていただきます。

サクセンダの治療が受けられない方(使用禁忌)

・妊娠中、授乳中または妊娠の可能性のある方
・癌治療中または癌既往歴のある方(主治医へご相談ください)
・糖尿病、膵臓、腎臓、心臓など機能低下のある方(透析をされている方)
・医師の判断で使用不可と判断された方

Price料金

  • GLP-1注射 サクセンダ 1本

    ¥19,800

料金には診察料、サクセンダ、針、アルコール綿の消耗品代金全てが含まれます。
価格は全て税込です。診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。

Pick up関連する施術