NAD+点滴療法

Treatment overview施術概要

老化や寿命を制御する長寿遺伝子を活性化

NAD+点滴療法とは

現在、人気のNMN点滴療法は、NADの前駆体でNADの補充療法として盛んに行われています。このNAD+点滴療法は、前駆体ではなくNADそのものを補充する抗加齢療法です。

NAD+点滴療法について

NMNとは、「ニコチンアミドモノヌクレオチド」と呼ばれる成分で、体内で作られるビタミンに似た物質です。体内のNMN量が低下することで身体機能や認知機能が低下すると考えられています。所謂、老化現象の原因とされています。

最近、日本の美容医療ではこのNMN を点滴、またはサプリメントとして補うアンチエイジング治療が流行っています。
NMNを経口サプリメントとして摂取した場合、体内でNAD+(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)という物質に変換されます。NAD+は体内の細胞で起こる代謝過程や反応に不可欠な物資であり、健康維持や体力維持などを担う役割を果たしています。

又、多くの研究データにより、NAD+の欠乏が様々な病気や病態を引き起こすことが示唆されており、近年では、加齢に伴う様々な身体の衰え(老化現象)を NAD+によって改善できる可能性が報告されています。NMNは経口摂取または点滴投与においても、NAD+の元となるNMNを体内に取入れ、NAD+に変換されるというプロセスが必要です。

一方、アメリカでは NAD+ 自体を点滴で投与する「NAD+IV+Therapy」 (NAD+点滴療法)が普及しています。 NAD+を点滴により直接血管内に取り入れることで、より効率的な体内での NAD+の上昇による若返り効果が期待出来ます。

期待されるアンチエイジング ・美容作用 (効果)

・エネルギーの活性化
・認知機能の向上
・記憶力の向上
・気分の向上
・うつ症状の軽減
・炎症や痛みの軽減
・運動能力の向上
・筋肉や健康維持の補助
・体重増加防止および体重管理の補助
・しわの減少
・肌全体の美的向上

NAD点滴療法のメリット

NADに関する一般的な情報

18世紀初頭に発見されたニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド( NAD )は、人体内の細胞で起こる代謝過程や反応に不可欠な成分である。人体内のすべての重要な細胞イベントは、NADの存在なしには起こり得ません。

NADに依存するプロセスの例としては、解糖(グルコースのピルビン酸と水素への分解)、クエン酸またはトリカルボン酸サイクル(アセチル CoA の酸化による炭水化物、タンパク質および脂肪からの貯蔵エネルギーの放出)、脂肪酸の酸化または分解、DNA修復、炎症反応、その他多くのプロセスが挙げられます。NAD は通常、体内の代謝プロセスに影響を与えるため、酸化または還元される。NADの酸化型はNADと呼ばれる。

 

NADが合成される仕組み

人間の体内でNAD が合成される仕組みは、主に2つある。一つはキヌレニン経路で、必須アミノ酸であるトリプトファンからNADが合成される経路である 。こ の経路では、トリプトファンが酸化的開裂を受け、生成物であるホルミルキヌレニンを形成する。この経路では、トリプトファンが酸化的切断を受け、ホルミルキヌレニンが生成される。

この過程は、トリプトファン2、3ジオキシゲナーゼ(TDO)とインドールアミン2、3ジオキシゲナーゼ(IDO)という酵素によって促進される。 ホルミルキヌレニンの生成後、さらに酵素反応が起こり、いくつかの酵素によってNADに変換されるが、そのうちの一つが3ヒドロキシアントラニル酸3,4ジオキシゲナーゼ(3HAAO)である。

人体におけるNADの重要性

NAD は人体の様々な生理作用に重要な役割を担っています。NADの欠乏、あるいは体内のNADホメオスタシスの乱れは、これらの生理作用を損ない、その結果、さまざまな病気や病態を引き起こす可能性がある。以下に、NADに依存する多くの生理作用のいくつかを紹介する。

1)ゲノム 安定性
2)遺伝子発現
3)免疫と炎症
4)エネルギー代謝
5)サーカディアン・クロック(概日時計)
6)心臓血管機能
7)腎臓機能
8)肝臓機能
9)神経機能

Price料金

  • NAD+点滴療法 250ml (120分〜180分)

    ¥66,000

  • NAD+点滴療法 500ml (180分〜240分)

    ¥110,000

価格は全て税込です。診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。

Pick up関連する施術