体内酸化検査

Treatment overview施術概要

体の酸化ストレスの状態や抵抗力を検査

健康な細胞を傷つけ、「サビつき=酸化」を進行させる活性酸素がどの程度なのかを調べます。老化を促進し、がんや動脈硬化などの要因になる「サビつき=酸化」を調べて、5年後10年後の健康のための対策を始めましょう。

酸化ストレス測定検査

健康な細胞を傷つけ、「サビつき=酸化」を進行させる活性酸素がどの程度なのかを調べます。老化を促進し、がんや動脈硬化などの要因になる「サビつき=酸化」を調べて、5年後10年後の健康のための対策を始めましょう。

酸化とは

活性酸素が細胞を傷つけ、「サビつき」を進行させることを、「酸化」といいます。人間は酸素を吸って生きていますが、吸った酸素の一部は、体内で活性酸素に変化します。活性酸素は殺菌作用などの働きによって、免疫機能を助けますが、量が過剰になると細胞を傷つけるようになります。過剰な活性酸素による攻撃から細胞を守るために、カタラーゼやスーパーオキサイド・ディスムターゼなどの酵素が、体内では活発に働いています。

この活性酸素の攻撃を「酸化ストレス」といい、酸化ストレスによって細胞が傷つくことが「酸化」です。鉄クギを長い時間放置しておくと、サビついてボロボロになってしまうように、「酸化」の進行を放置しておくと、身体が「サビ」ついてボロボロになってしまいます。「サビつき」が進行した身体は、下記のようなさまざまな病気・症状・状態を引き起こします。

8-OHdG(尿検査)

遺伝子が活性酸素によって、どの程度ダメージを受けているかがわかります。
遺伝子が活性酸素の攻撃を受けると、8ヒドロキシーデオキシグアノシン(8-OHdG)という物質を排出するため、その物質を測定します。

OS-APtest(血液検査)

活性酸素が身体に与えているストレス(酸化ストレス)と、そのストレスに対する抵抗力(抗酸化力)がわかります。
SPOTCHEM™というシステムによって、活性酸素によってダメージを受けた脂質・タンパク質・アミノ酸・核酸などの有機物が変化した分子(ヒドロペルオキシド)の値を測定することにより、現在の体内の酸化ストレス度を分析します。

検査方法

8-OHdG:尿検査 / OS-APtest:血液検査
いずれも検査結果は約30分でわかります。

こんな方におすすめ

不規則な生活を送っている/飲酒量が多い/食事が偏っている/強いストレスを感じている/屋外で紫外線を浴びる機会が多い/激しい運動を定期的に行っている/喫煙する/肥満(メタボリックシンドローム)である

Price料金

  • 体内酸化ストレス検査 体験

    ¥20,000

  • 体内酸化ストレス検査 ベーシック

    ¥36,000

  • 体内酸化ストレス検査 フル

    ¥59,000

価格は全て税込です。診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。

Pick up関連する施術