分子栄養解析検査

Treatment overview施術概要

オーソモレキュラー 分子レベルでの栄養状態を検査

栄養療法は「分子整合栄養医学」に基づいた療法です。
海外ではオーソモレキュラー療法(orthomolecular medicine)と呼ばれ、1960年代からうつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されています。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり、発達障害にも応用されています。

高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供しています。オーソモレキュラー療法は欧米で始まり、日本では血液データ解析に基づいた独自の発展をし続けています。

その症状の原因は、栄養バランスの乱れかもしれません

2領域でノーベル賞(化学賞、平和賞)を受賞した米国の科学者ライナス・ボーリング博士が提唱した分子整合栄養医学(Orthomolecular Medicine)に基づいて、分子レベルでの栄養状態をみる検査です。

Ortho = 整える、正しい
Molecular = 分子

ヒトの身体の細胞を分子レベルで捉え、充分な栄養を摂取することで自然治癒力を向上させ、疾患を改善することを目的としています。

私たちの体はすべて食べ物(=栄養)からできています。

病気や老化は「細胞の栄養不足」から始まります。私たちの体は約60兆個の細胞から構成されています。各細胞は、新陳代謝を繰り返しながら、日々の食べ物から吸収された栄養素で細胞内の物資をつくり変えています。

病気、炎症、老化は細胞の栄養不足が疑われます。細胞内外の栄養素を最適レベルに保ち、足りない栄養素を補給することで、病気や炎症の改善、老化も防ぐことが期待できます。

疾患別栄養素の投与例

がん:ビタミンC、アルファリポ酸、サルベストロール
・認知症:アルファリノレン酸、ビタミンC、コリン
・糖尿病:アルファリポ酸
・被ばく対策:ビタミンC、アルファリポ酸
・うつ病:トリプトファン、ビタミンB12、オメガ、葉酸、亜鉛、ビタミンC、ナイアシン
・慢性疲労:ビタミンB群、ビタミンC、チロシン、マグネシウム
・SLE:アルファリポ酸
・パーキンソン病:グルタチオン など

こんな方におすすめ

肩こり・腰痛などにお悩みの方/慢性疲労にお悩みの方/不眠・不安・憂鬱感にお悩みの方/のぼせ・ほてり・冷えにお悩みの方/根本的な体質改善したい方/どんなサプリメントを摂ってよいかわからない方

Price料金

  • 分子栄養解析 オーソモレキュラー

    ¥15,000

価格は全て税込です。診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。