腎臓病

Treatment overview施術概要

腎チェック(慢性腎臓病リスク検査)​

慢性腎臓病は、できるだけ早く発見して進行を抑えることが大切です。慢性腎臓病の多くは「血液検査」「尿検査」のたんぱく尿・血清クレアチニン値で早期発見できます。

新たな国民病。慢性腎臓病(CKD)

近年、慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)という新たな病気の概念が注目されてきています。このCKDは、腎障害を示す所見や腎臓の機能低下が慢性的に続いた状態のことを指しております。CKDの患者数は国内では1300万人以上で、日本人成人の約8人に1人とも推計されており「新たな国民病」であるといわれています。

本当は怖い慢性腎臓病(CKD)

腎臓の病気といってもピンとこない方も多いかもしれませんが、慢性腎臓病(CKD)はそのままの状態で放置されると末期腎不全へと移行し、人工透析や腎移植を受けなければ生きられなくなってしまいます。また、腎臓の働きが悪くなってしまうと心臓・血管への負担もかかり、心筋梗塞や心不全、脳卒中などの合併症も引き起こしやすくなると言われています。

腎チェックとは?

慢性腎臓病の早期発見と重症化予防を目的とした検査です。採尿による検査で、腎臓に負担がかかると尿中で上昇する「L-FABP(エルファブ)」と「アルブミン」という物質を測定し、慢性腎臓病の発症危険度を予測しております。従来の腎臓の検査では、ある程度腎機能が低下してからでなければ、腎臓へのダメージを捉えることはできませんでしたが、腎チェックではより早期に反応を捉えることが可能です。

Price料金

  • 慢性腎臓病CKD検査

    ¥9,900

価格は全て税込です。診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。

Pick up関連する施術