膵臓がん

Treatment overview施術概要

複数の長鎖脂肪酸を解析し膵臓がんのリスクを判定

膵がんとは膵臓から発生した悪性の腫瘍のことを指しますが、一般には膵管癌のことをいいます。 膵管癌は膵管上皮から発生し、膵臓にできる腫瘍性病変の80-90%を占めています。

「最悪のがん」 すい臓がん

すい臓がんによる死亡者数は年間3万人を超えると言われており、年々増加傾向にあります。すい臓がんは「消化器系がん」の中でも痛みなどの自覚症状が少なく、 「早期発見が難しいがん」と言われており、がんの中でも対処が難しい“最悪のがん”として知られています。

「早期発見」が重要なすい臓がん

すい臓がんは自覚症状が少なく早期発見が難しい上に、進行が早いために重症化してしまうケースが多いとされています。 5年相対生存率をステージ別にみると、ステージ4では10%を切り、非常に低くなっております。しかし、初期段階での発見・対処が出来れば、生存率は50%以上とも報告されており、早期発見・早期治療が非常に重要あると言えます。

すい臓がんのリスク因子と予防

リスク因子としては、慢性すい炎や糖尿病にかかっている、肥満、喫煙などが挙げられます。また、家族歴もリスク因子として挙げられています。 一方で禁煙や飲酒量を抑えること、バランスの良い食生活、適切な運動といった生活習慣の改善が、すい臓がんの予防に効果的といわれています。

すい臓がんのリスク因子と予防

Prodrome-PAC (膵臓がんリスク検査)は“すい臓がんのリスク”を調べる血液検査です。健康な状態からすい臓がんにいたる過程で特異的に減少する6種類の『長鎖脂肪酸』という物質を測定し、すい臓がんのリスクを判別しています。採血のみの簡単な検査で、早期治療へのきっかけとして利用頂くことが可能です。

Price料金

  • すい臓がん prodromePAC 検査

    ¥16,000

価格は全て税込です。診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。

Pick up関連する施術