遅延型フードアレルギー検査

Treatment overview施術概要

不調の原因 食べ物かも?
遅延型フードアレルギー検査

 「便秘、肌荒れが続いてる」「イライラや不安が強い」「頭痛やめまいがするが病院で何ともないと言われた」等々、理由がわからないけれど何となく体調が悪い。こういった症状が実は食べ物が原因で起こっている場合があります。

遅延型フードアレルギーとは

食べ物によるアレルギーは食べた直後に症状が出る「即時型」と食べてか数時間から数日後にゆっくり体に炎症を起こす「遅延型」があります。

「即時型」アレルギーは、特定の食物を食べた直後に蕁麻疹やかゆみといった症状があらわれるものでIgE抗体が関与しています。
一方で、IgG抗体がかかわる「遅延型」アレルギーは食べたあとすぐには症状が出ず、数時間から数日間後に症状が現れます。現れる症状は、頭痛、肩こり、めまい、下痢、疲労感、肌荒れ、アトピー性皮膚炎など様々です。

遅延型アレルギーは症状の発現が遅いため、多くの慢性症状が、アレルギー反応であることに気づかれないまま放置されていることがあります。大好物や健康によいと思って頑張って食べている食べ物の中に、強いアレルギー反応がみられる場合も少なくありません。

その「不調」はあなたの好きな食べ物が原因かもしれません

遅延型アレルギーの症状は、多岐に渡るのが特徴です。アレルギー的な症状もあれば、頭痛や消化不良や関節痛のような症状もあります。イライラやうつ状態など、メンタル面に影響を与えている場合もあります。

睡眠の質、疲労感、食後の強い眠気、痩せにくさなど、症状とまでは呼べないがその人のQOL(生活の質)に少なからず影響を与えているケースもあります。また、複数の症状が同時に発生しているケースが多く報告されています。

関連のある主な症状

  • 消化器症状
  • 消化不良、便秘、下痢、腹痛、吐き気、過敏性腸症候群、満腹感など
  • 精神神経症状
  • 不安神経症、頭痛、情緒不安定、うつ、頭が重い、集中力不足など
  • 皮膚症状
  • 湿疹、にきび、アトピー性皮膚炎、ふけ、じんましん、肌荒れ、多汗など
  • 呼吸器系
  • 鼻水、鼻づまり、慢性副鼻腔炎、ぜんそくなど
  • 皮膚症状
  • 湿疹、にきび、アトピー性皮膚炎、ふけ、じんましん、肌荒れ、多汗など
  • 泌尿生殖器系
  • 頻尿、尿意切迫、夜尿症(小児)、月経前症候群、おりものなど
  • 筋骨格系
  • 筋肉痛、関節痛、関節炎、関節リウマチなど
  • その他
  • 不整脈、慢性疲労、倦怠感、免疫力の低下、口内炎、むくみ、体重増加、生活習慣病、膠原病など

原因食物が特定できたら

反応が低くなるまで除去を続けることが理想的です。完全除去が難しい場合には症状が出ないレベルまで量や頻度を減らします。遅延型アレルギーの場合、反応が下がればまた食べられるようになる可能性があります。除去期間中にプロバイオティクスの摂取などで腸内環境を整えることも早く反応を下げて再び食べられるようになるための手助けになります。

加工食品はよくラベルを読んで

加工食品にはたくさんのアレルゲンが含まれています。必ずラベルをよく読んでからお買い物するようにしてください。また、ラベルをよく確認するようになると、家では決してお料理に使わない物質(添加物)がたくさん使われていることに気づくようになるでしょう。

添加物は商品の保存性を高めたり、色を鮮やかに保つために使われていますが、こうした化学物質もアレルギー発症の引き金になっていると言われています。新鮮な旬の食材を選んでなるべく自分でお料理しましょう。手作りのお食事は、添加物を避けられるだけでなく、栄養面でも優れています。

Price料金

  • 遅延型フードアレルギー検査 120項目

    ¥32,000

  • 遅延型フードアレルギー検査 219項目

    ¥45,000

価格は全て税込です。診断の流れ等はお気軽にWEB、お電話でお問い合わせ下さい。